行動経済学は心理学、社会学、脳科学などにまたがる学際的な研究分野であり、伝統的な経済学によっては説明が難しい不況、バブル、多重債務、環境問題、格差等の社会の諸問題の解明に役立つことが期待されます。本研究所では、それまでの行動経済学・実験経済学研究および21世紀COEプログラムにおける実績を踏まえて、日本で初めての行動経済学研究の拠点となる附属行動経済学研究センターを2004年4月に設置し、さらに2010年4月(2009年6月認定)からは、行動経済学研究の共同利用・共同研究拠点として、行動経済学を主たるテーマとした公募共同研究を開始するなど行動経済学のハブとしての役割を果たしています。

News

2019.5.20
敦賀貴之教授の論文 "Money-Financed Fiscal Stimulus: The Effects of Implementation Lag (with Shota Wake)"Journal of Economic Dynamics and Controlに受理されました。
2019.5.8
Jin Wang 准教授 (香港科技大学) が来所されました。(滞在期間:2019年5月8日〜5月30日)
2019.5.3
松島法明教授の論文 Competitive Personalized Pricing (co-authored with Zhijun Chen and Chongwoo Choe)がManagement Scienceに受理されました。

2019.4.23
毎日新聞出版 週間エコノミスト4月30日・5月7日合併号に堀井亮教授の記事「学者が斬る・視点争点 - 技術革新を潰す時代遅れの規制」が掲載されました。

2019.4.15
Asen Kochov 准教授 (University of Rochester) が来所されました。(滞在期間:2019年4月15日〜5月15日)
2019.4.1
Partha Sen 教授 (The Indian Institute of Foreign Trade) が来所されました。(滞在期間:2019年4月1日〜5月30日)
2019.3.28
松島法明教授の論文 Pre-negotiation commitment and internalization in public good provision through bilateral negotiations (co-authored with Ryusuke Shinohara)がJournal of Public Economicsに受理されました。
2019.3.11
毎日新聞出版 週間エコノミスト3月19日号に堀井亮教授の記事「学者が斬る・視点争点 - 逆転の発想で「再配達」を減らす」が掲載されました。

2019.3.6
Wing Suen 教授 (University of Hong Kong) が来所されました。(滞在期間:2019年3月6日〜3月19日)
2019.3.4
Eric Bond 教授 (Vanderbilt University) が来所されました。(滞在期間:2019年3月4日〜3月10日)
2019.2.19
Zhigang Tao 教授 (University of Hong Kong) が来所されました。(滞在期間:2019年2月19日〜2月28日)

過去のニュース



Research Highlights

Title Author
2019.5 Competitive Personalized Pricing (with Zhijun Chen and Chongwoo Choe) Management Science, forthcoming. Noriaki Matsushima
2019.3 Pre-negotiation commitment and internalization in public good provision through bilateral negotiations (with Ryusuke Shinohara) Journal of Public Economics, forthcoming. Noriaki Matsushima
2019.1 The Impact of Monitoring in Infinitely Repeated Games: Perfect, Public, and Private (with V. Bhaskar, and Guillaume R. Frechette) American Economic Journal: Microeconomics Masaki Aoyagi
2018.10 Bertrand Competition under Network Externalities, Journal of Economic Theory Masaki Aoyagi
2018.9 Place-Based Policies, Creation and Agglomeration Economies: Evidence from China's Economic Zone Program (with Yi Lu and Jin Wang), American Economic Journal: Economic Policy, forthcoming. Lianming Zhu
2018.8 Higher order risk attitudes and prevention under different timings of loss (with E. Lee), Experimental Economics Takehito Masuda

More Research Highlights



Discussion Papers

ディスカッションペーパー一覧