行動経済学は心理学、社会学、脳科学などにまたがる学際的な研究分野であり、伝統的な経済学によっては説明が難しい不況、バブル、多重債務、環境問題、格差等の社会の諸問題の解明に役立つことが期待されます。本研究所では、それまでの行動経済学・実験経済学研究および21世紀COEプログラムにおける実績を踏まえて、日本で初めての行動経済学研究の拠点となる附属行動経済学研究センターを2004年4月に設置し、さらに2010年4月(2009年6月認定)からは、行動経済学研究の共同利用・共同研究拠点として、行動経済学を主たるテーマとした公募共同研究を開始するなど行動経済学のハブとしての役割を果たしています。

News

2019.1.7
Bengt Kriström 教授 (CERE, Swedish University of Agricultural Sciences) が来所されました。(滞在期間:2019年1月7日〜1月23日)
2018.12.25
国立大学附置研究所・センター会議のサイトに敦賀貴之教授のインタビュー「アベノミクスで物価が上がらないのはなぜか。物価の「摩擦」に注目するマクロ経済学の新理論」が掲載されました。
2018.12.21
朝日新聞連載 小野善康特任教授の「ミダス王の誘惑:サービスの質、価格に反映を」が掲載されました。
2018.12.20
国本隆准教授(Singapore Management University)が来所されました。(滞在期間:平成30年12月20日〜平成31年1月15日)
2018.12.18
粟屋祐講師 (University of Rochester)が来所されました。(滞在期間:平成30年12月18日〜平成31年1月15日)
2018.12.10
敦賀貴之教授の論文 "Current Account Dynamics under Information Rigidity and Imperfect Capital Mobility (with Mototsugu Shintani and Akihisa Shibata)"Journal of International Money and Finance に受理されました。
2018.12.6
第21回 社研森口賞 受賞者報告会がおこなわれ、森口賞が青柳潤氏に決定しました。詳細はこちら

過去のニュース



Research Highlights

Title Author
2018.10 Bertrand Competition under Network Externalities, Journal of Economic Theory Masaki Aoyagi
2018.9 Place-Based Policies, Creation and Agglomeration Economies: Evidence from China's Economic Zone Program (with Yi Lu and Jin Wang), American Economic Journal: Economic Policy, forthcoming. Lianming Zhu
2018.8 Higher order risk attitudes and prevention under different timings of loss (with E. Lee), Experimental Economics Takehito Masuda
2018.9 Hierarchical Experimentation (with Chia-Hui Chen), Journal of Economic Theory Junichiro Ishida
2018.9 Credit Booms, Debt Overhang and Secular Stagnation (with G. Illing), European Economic Review Yoshiyasu Ono
M. Schlegl
2018.5 Strategy-Proofness and Efficiency for Non-Quasi-Linear and Common-Tiered-Object Preferences: Characterization of Minimum Price Rule, Games and Economic Behavior Yu Zhou and Shigehiro Serizawa
2018.1 The Impact of Monitoring in Infinitely Repeated Games: Perfect, Public, and Private (with V. Bhaskar, and Guillaume R. Frechette) American Economic Journal: Microeconomics, forthcoming. Masaki Aoyagi

More Research Highlights



Discussion Papers

ディスカッションペーパー一覧