2015年8月19日(水)大阪大学中之島センターにて恒例の行動経済学研究センターシンポジウムを
開催いたします。

第12回目となる今回のテーマは『小説の中の経済学』。
フィクションである小説、現実経済を描写する経済学。
全く逆のようにみえて、両者には意外な共通点があります。
人間社会の本質をあぶり出すという点です。

経済学者は小説をどのように読み、
小説家は経済学をどのように使っているのでしょうか。

小説家と経済学者が、小説と経済学の関係について議論します。

多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
【開催概要】
大阪大学社会経済研究所・第12回行動経済学研究センターシンポジウム
 『小説の中の経済学』
日時: 2015年8月19日(水)18:00-20:00

場所: 大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール

主催: 大阪大学社会経済研究所
共催: 行動経済学会
後援: 一般財団法人 アジア太平洋研究所(APIR)
協力: 大阪大学
21世紀懐徳堂

講演:
『モデルはストーリーを求めている』
     猪木 武徳 青山学院大学国際政治経済学部特任教授、一般財団法人アジア太平洋研究所アドバイザー
    『行動経済学と小説作法』
     久坂部 羊 作家、医師
    『経済学で小説を読む』
     大竹 文雄 大阪大学社会経済研究所教授、大阪大学理事・副学長

参加費: 無料・先着196名
参加申込: 本ウェブサイトまたは e-mail、お電話にてお申し込みください。

定員に達しましたので、申込受付を終了いたしました。
多数のお申し込み、ありがとうございました。

 
 【講演者略歴】
猪木 武徳
1945年生まれ。滋賀県出身。
京都大学経済学部卒業。米国マサチューセッツ工科大学大学院修了。
大阪大学経済学部教授、同学部長、国際日本文化研究センター教授、同所長、日本経済学会会長等を経て、現在は青山学院大学国際政治経済学部特任教授、一般財団法人アジア太平洋研究所アドバイザー、国際日本文化研究センター名誉教授、大阪大学名誉教授。専門は、労働経済学・経済思想・経済史。
著書に『経済思想』(1987年サントリー学芸賞、同年日経・経済図書文化賞)、『自由と秩序』(2002年読売・吉野作造賞)等がある。
 久坂部 羊
1955年生まれ。大阪府出身。
大阪大学医学部卒業。大阪大学医学部附属病院にて外科および麻酔科を研修。
大阪府立成人病センターで麻酔科医、神戸掖済会病院で一般外科医、パプア・ニューギニアなどの在外公館で外務省の医務官として勤務後、高齢者を対象とした在宅訪問診療に従事。
作家としては、20代から参加している同人誌「VIKING」での活動を経て、2003年「廃用身」でデビュー。
以降、現代医療の問題を鋭く指摘し、生きることや死ぬことの意味を問う作品を発表し続けている。
2014年『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。
大竹 文雄
1961年生まれ。京都府出身。
京都大学経済学部卒業。大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。
大阪大学経済学部助手等を経て、現在は大阪大学社会経済研究所教授、同理事・副学長。
専門は、労働経済学、行動経済学。
著書に『日本の不平等』(2005年サントリー学芸賞、同年日経・経済図書文化賞、2008年日本学士院賞)、『競争と公平感―市場経済の本当のメリット』等がある。本年5月『経済学のセンスを磨く』を公刊。NHK・Eテレの経済学教養番組「オイコノミア」にお笑い芸人のピース・又吉さんと出演中。
 
【会場案内】
大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53
TEL: 06-6444-2100 FAX: 06-6444-2338

交通案内はこちらから


お問い合わせ
大阪大学社会経済研究所 附属行動経済学研究センター (担当:大石)
TEL: 06-6879-8588 FAX: 06-6879-8583
e-mail: rcbe-symp@iser.osaka-u.ac.jp