大阪大学社会経済研究所 附属行動経済学研究センター
パネリストのプロフィール
ふじた    いちろう
藤田 一郎
ホームページへ
 略歴
 1979年3月  東京大学理学部生物学科動物学専門課程卒業
 1979年4月〜1981年3月  東京大学大学院修士課程(理学系、動物学専攻)
 1981年4月〜1984年3月  東京大学大学院博士課程(理学系、動物学専攻)
 1984年4月〜1985年3月  岡崎国立共同研究機構生理学研究所、特別研究員
 1985年4月〜1989年5月  岡崎国立共同研究機構生理学研究所、助手
 1987年1月〜1989年5月  カリフォルニア工科大学生物学教室、客員研究員
 1989年6月〜1992年1月  理科学研究所フロンティア研究システム、フロンティア研究員
 1992年2月〜1994年3月  新技術事業団さきがけ研究21「大脳側頭葉皮質視覚領野の機能構築」研究
 1994年4月〜1999年3月  大阪大学医学部認知脳科学(小野薬品)寄附講座、教授
 1998年4月〜2001年3月  大阪大学大学院基礎工学研究科生物工学分野脳科学講座、教授
 (1998年4月〜1999年3月は医学部教授を併任)
 2001年4月〜現在  大阪大学大学院生命機能研究科 脳神経工学講座認知脳科学研究室、教授

 役職 国際神経行動学会長期計画委員・日本神経科学会理事・日本神経科学会将来計画委員会委員・日本神経科学会動物実験委員会委員・ナショナルバイオリソースプロジェクト「ニホンザル」委員会委員・文部科学省特定領域研究「統合脳」計画班員・「脳と心のメカニズム」計画委員会委員
 著書  『脳の神秘を探る』(共著、大阪大学出版会、2002年)
 『生物はどのように世界をみているか』(共著、学会出版センター、2002年)
 『禅と生命科学』(共著、p.117-p.142、紀伊国屋書店、1994年)
 『岩波講座認知学3 視覚』(共著、岩波書店、1994年)
 『脳と思考』(共著、紀伊国屋書店、1991年)
 その他の出版物

ページのトップに戻る シンポジウムのページに戻る Top pageに戻る