COLUMN


      
「謝罪を経済学で考える」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える” 2017年1月17日
チケット転売問題の解決法、日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える” 2016年9月1日
「他店価格対抗します」、日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える” 2016年8月26日
「女性の活躍と柔軟な働き方」、日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える” 2016年8月19日
「消費税が嫌われる理由」、日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える” 2016年3月22日
「社会保障制度に行動経済学を活かす」、日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える” 2016年1月27日
「経済学で「怒り」とつきあう」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える” 2015年12月17日
「放蕩息子の定理」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2015年11月19日
「『サラバ!』の中の経済学」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2015年10月20日
「複利を理解していない日本人」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2015年8月19日
高齢者の増加はリスク資産を減らす?」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2015年5月21日
「いくら以上の年収ならトップ1%?」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2015年3月11日
「○○をしていないのはあなただけです」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2015年1月7日
高齢化が起業を減らす」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2014年11月25日

反競争的な教育が助け合いを減らす?」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2014年8月14日

「軽減税率はなぜ人気なのか?」”日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2014年7月18日
「千両みかんの経済学」日本経済研究センターWebコラム, 2014年6月20日
「もし宝くじに当たったら」 『日本経済研究センターWebコラム』、2014年5月20日
「法人税減税論議で欠かせない視点」『日本経済研究センターWebコラム』、2014年3月26日
「ボーダーラインが生死に影響?」『日本経済研究センターWebコラム』、2013年12月24日
「賃上げと政労使協議の意味」『日本経済研究センターWebコラム』、 2013年11月20日
「オリンピックの意外な経済効果」日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える”, 2013年10月29日
『高齢者雇用と年金支給開始年齢』 『日本経済研究センターWebコラム』、2013年8月21日
「大卒者は過剰なのか?」『日本経済研究センターWebコラム』、 2013年7月26日
「よく知っているものを選ぶかどうかは遺伝で決まっている?」 『日本経済研究センターWebコラム』、2013年6月18日
企業の利益と一般国民の利益は乖離してきているのか?」『日本経済研究センターWebコラム』、2013年5月16日
「「情けは人のためならず」と豊かさ」」『日本経済研究センターWebコラム』、2013年4月17日
「体罰の有効性の錯覚は「平均への回帰」が理由」 『日本経済研究センターWebコラム』、2013年2月13日.
「利他性と経済学 『日本経済研究センターWebコラム』、2013年1月11日
「損失回避と財政破綻」『日本経済研究センターWebコラム、日本経済研究センターWebコラム』、2012年12月14日
「大学(生)が多すぎる?」『日本経済研究センターWebコラム』、2012年11月20日
「教育の効果を測ることの難しさ」 『日本経済研究センターWebコラム』、2012年10月19日
「社会保険料を負担しているのは誰?」 『日本経済研究センターWebコラム』、2012年9月14日
「行動経済学の成果を教育に生かす」『日本経済研究センターWebコラム』、 2012年7月24日.
「レタスを処分する農家の写真の意味」『日本経済研究センターWebコラム』、2012年6月15日
「消費税の逆進性を考える」 『日本経済研究センターWebコラム』、2012年5月17日.
「給与明細から税金を考える」『日本経済研究センターWebコラム』、 2012年4月18日.
「研究進む「幸福の経済学」」『日本経済新聞/経済教室』、2010年5月3日
「税の表示法、消費を左右 「真の負担者」認識を」『日本経済新聞/経済教室エコノミクストレンド』、2010年1月18日
「論理をたどる 立ち読み不可、結論が楽しみ」『日本経済新聞/半歩遅れの読書術』、2009年9月27日
「ブログの効用 反響で知る「格差」への関心」 『日本経済新聞/半歩遅れの読書術』、2009年9月20日
「「知人の紹介で学ぶ」_「最大化」がもたらす不幸」日本経済新聞/半歩遅れの読書術2009年9月13日
「価値観、経済の差を生む」日本経済新聞/経済教室エコノミクストレンド2009年9月7日
「科学者の物語」さすがイギリス、質も量も」『日本経済新聞/半歩遅れの読書術』、2009年9月6日
「不況の真因、「需要」にあり」『日本経済新聞/経済教室』、2009年5月4日
派遣禁止は有効ではない 貧困問題解決のための処方箋」『朝日新聞/グローブ』、2009年3月2日
「労働市場に柔軟性必要 派遣規制では解決せず」インタビュー記事、『日本海新聞』他、2009年2月7日
「『小さく産んで・・・』は正解か」日本経済新聞/経済教室エコノミクストレンド2009年1月12日
企業の内部留保活用を」『毎日新聞/論点』、2008年12月26日
「なぜ残る男女間格差」『日本経済新聞/経済教室』、2008年5月5日.
「格差論議日米に隔たり 実証に基づく米国 感情論の日本と対照的」『日本経済新聞/経済教室』、2007年5月14日
「格差に影落とす「国際化」地道な対策、実行を」『日本経済新聞/経済論壇から』、2007年3月25日
「「雇用の質」と格差問題 冷静な議論が必須に」『日本経済新聞/経済論壇から』、2007年2月25日
「少子化時代の「教育改革」、世代間の連帯、重要に」 『日本経済新聞/経済論壇から』、2007年1月28日
「問題と対峙、脱パターンで」 『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年12月17日
「平時」こそ安全網構築 改革の提起相次ぐ」 『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年11月26日
「「美しい国」支える経済学 家計も知識武装を」 『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年10月29日
「働く貧困層」問題の本質 教育訓練が急務に」『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年9月24日
「小さな政府と満足度」『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年8月27日
「回復感」乏しい景気回復 次への備え、必須に」『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年7月30日
「社会の中のグレーゾーン 副作用に注意必要」『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年6月25日
「政府の大きさを考える」 『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年5月28日
「格差」批判と既得権維持」『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年4月30日
「若年層の格差巡り議論」『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年3月26日
「実質的な拡大はない」『毎日新聞』、2006年3月4日
「格差社会」めぐり論争」『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年2月26日
「偏った情報化が不安増幅」『日本経済新聞/経済論壇から』、2006年1月29日
「予見困難な改革リスク 専門家育成焦点に」 『日本経済新聞/経済論壇から』、2005年12月18日
「少子化社会の虚実を問う 大国幻想脱却のとき」『日本経済新聞/経済論壇から』、2005年11月27日
「M&Aの背後に景気回復」『日本経済新聞/経済論壇から』、2005年10月30日
「二分法」の落とし穴 改革目的、再確認を」『日本経済新聞/経済論壇から』、2005年9月25日
「戦後システムに変化の兆し」『日本経済新聞/経済論壇から』、2005年8月28日
「改革阻む既得権の壁 弊害多い「一律カット」『日本経済新聞/経済論壇から』、2005年7月31日
「社会に広がる「不安感」」『日本経済新聞/経済論壇から』、2005年6月26日
「資本の論理」を問う」『日本経済新聞/経済論壇から』、2005年5月29日
「若者二極化」の弊害)」『日本経済新聞/経済論壇から』、2005年4月24日
「経済の目で「労働」を見る(pdf)」『朝日新聞/ASTAGE』、2004年9月5日
「所得格差と再分配 」『日本経済新聞/やさしい経済学』、2004年7月14日
「所得再分配の強化を」『日本経済新聞/経済教室』、2004年3月10日
「若年層 逆転可能な社会に」 『日本経済新聞/経済教室』、2003年8月22日
傘とワークシェアリング
これからの経済学教科書(pdf)
「デフレはどうして悪いのか」『毎日新聞/東京版』、2001年4月1日
不況の社会的費用(pdf)
「雇用政策に経済学的発想を」『労働統計調査月報』1999年2月
巨人一人勝ちの経済学的分析(pdf)
不況が増やす少年犯罪
困難が多い構造的失業対策
中高年の雇用不安を真に解消する方法
雇用調整助成金
失業率の日米逆転
失業の社会的コスト
アメリカの失業率を低下させた刑務所収容人員数の増加
「解雇制限法は失業率を下げるか」
「ひとり勝ち社会