経済学は役に立ちますか?
      

       竹中平蔵・大竹文雄 著





      出版:東京書籍

      定価:本体1500円+税

      ページ数:248ページ

      ISBNコード:978-4-487-80851-9

      初版刊行日:2018年1月31日 

<目 次> <執筆者一覧<書 評>

< 目 次 >

まえがき   大竹文雄
第1章  エピソードに翻弄される世界
                ・・・・いま日本と世界で何が起きているか?
    1    富の再分配を放棄したアメリカ     
    2  非効率的な富の再分配を続ける日本
    3 機能マヒ状態の日本の政策委員会
第2章 経済学を学ぶと世の中が面白く見える?
    1    新古典派経済学から行動経済学へ                     
    2    経済学の理論と政策の現場
    3    経済学の世界と霞が関の世界
第3章 経済的センスで考える
    1    日本はなぜデフレから抜け出せないのか?       
    2    価格メカニズムは機能しているのか?
    3    「働き方改革」の行方
    4    「移民問題」は日本の問題でもある                          
    5    日本の教育における課題はなぜ起きているのか?
第4章   経済学はもっと面白くなる!
    1    日本の経済学と世界の経済学      
    2    メディアに欠落する経済リテラシー
    3    経済学は新しい学問。もっと面白くなる!
あとがき   竹中平蔵


<書  評>