大竹文雄 著書一覧

[1] 『租税・社会保障制度の経済分析』 大阪府立大学経済学研究叢書 第70冊、大阪府立大学経済学部、1989年3月
[2] 『スタディガイド・入門マクロ経済学』 日本評論社、1989年3月(全213頁)(1993年8月に第2版、全283頁)
[3] 『労働経済学入門』 日本経済新聞社、1998年4月(全198頁)、 第1版第2刷 2001年7月
[4] 『経済政策とマクロ経済学−改革への新しい提言』 日本経済新聞社、1999年10月、全252頁、(岩本康志、斉藤誠、二神孝一との共著)
[5] 『大阪大学新世紀セミナー・雇用問題を考える』 大阪大学出版会、2001年3月20日、全86頁.
[6] 『スタディガイド・入門マクロ経済学(第4版)』 日本評論社、2001年3月20日、全294頁.
[7] 『雇用政策の経済分析』 東京大学出版会、2001年7月16日、全401頁、猪木武徳、大竹文雄編
[8] 『解雇法制を考える−法学と経済学の視点』 勁草書房、2002年12月10日、全288頁、大竹文雄、大内伸哉、山川隆一編著著
[9] 平成不況の論点-検証・失われた十年、東洋経済新報社、2004年1月29日、全192頁、大竹文雄、大内伸哉、山川隆一編著
[10] 『解雇法制を考える−法学と経済学の視点』 [増補版]、勁草書房、2004年5月20日、全336頁、大竹文雄、大内伸哉、山川隆一編著
[11] 『日本の不平等-格差社会の幻想と未来』 日本経済新聞社、2005年5月23日、全306頁、大竹文雄
                                    ※第46回エコノミスト賞、第48回日経・経済図書文化賞、第27回サントリー学芸賞受賞
日本学士院賞
[12] 『応用経済学への誘い』日本評論社、2005年10月15日、全223頁、大竹文雄編著
[13] 『経済学的思考のセンス お金がない人を助けるには』 中公新書、2005年12月20日、全256頁、大竹文雄
[14] 『脱格差社会と雇用法制-法と経済学で考える』、日本評論社、2006年12月25日、全245頁、福井秀雄・大竹文雄編著
[15] 『スタディガイド・入門マクロ経済学(第5版)』  日本評論社、2007年9月10日、全294頁、大竹文雄
[16] 「こんなに使える経済学―肥満から出世まで」ちくま新書、2008年1月8日、全205頁、大竹文雄編著
[17] 『雇用社会の法と経済』有斐閣、2008年1月30日、全333頁、荒木尚志・大内伸哉・大竹文雄・神林龍 編
[18] 『格差と希望 誰が損をしているか? 筑摩書房、2008年6月25日、全248頁、大竹文雄
                                          ※ 2010年都市住宅学会賞 著作賞受賞
[19] 『競争と公平感 市場経済の本当のメリット』中公新書、2010年3月25日、全245頁、 大竹文雄
[20] 『日本の幸福度 格差・労働・家族』日本評論社、2010年7月25日、全285頁、大竹文雄・白石小百合・筒井義郎編著
[21] 『脳の中の経済学』ディスカバー携書、2012年12月30日、大竹文雄・田中沙織・佐倉統
[22] 『最低賃金改革 日本の働き方をいかに変えるか』日本評論社、2013年7月15日、全191頁、大竹文雄・川口大司・鶴光太郎編著
[23] 『経済学のセンスを磨く』日本経済新聞出版社、2015年5月8日、全216頁、大竹文雄著
[24] Behavioral Economics of Preferences, Choices, and Happiness, Springer, 2016, S. Ikeda, H. Kato, F. Ohtake and Y. Tsutsui Eds.
[25] 競争社会の歩き方 自分の「強み」を見つけるには』中公新書、2017年8月21日、全256頁、 大竹文雄



 <学術論文> <その他の論文> <書評>