2014年10月3日(金)、千里阪急ホテルにてシンポジウムを開催いたします。

日本経済は、不良債権問題、グローバル金融危機、東日本大震災と
大きなショックに見舞われ20年余り低迷を続けてきました。
このシンポジウムでは、長期低迷の真因を踏まえた上で、
日本経済が再生するために必要なことは何か、考えたいと思います。

多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

【開催概要】
国立大学附置研究所・センター長会議 第3部会(人文・社会科学系)シンポジウム
『失われた20年を超えて 日本経済再生への途』
日時: 2014年10月3日(金)13:00-15:40

場所: 千里阪急ホテル西館2階 仙寿の間

講演:
『日本の潜在成長率と生産性』
      深尾 京司 一橋大学経済研究所 所長
    『新たなジャパニーズ・ドリームへ −仕事と希望から考える日本経済の未来』
      玄田 有史 東京大学社会科学研究所 教授
    『枯渇から再生へ−行動経済学からのヒント』
      池田 新介 大阪大学社会経済研究所 教授

司会:
小川 一夫 大阪大学社会経済研究所 所長
コメント:大竹 文雄 大阪大学理事・副学長

参加費: 無料・先着150名
参加申込: 本ウェブサイトまたは e-mail、お電話にてお申し込みください。
 

【会場案内】
千里阪急ホテル西館2階 仙寿の間
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町2-1
TEL: 06-6872-2211 FAX: 06-6832-2161
 
  【お問い合わせ】
大阪大学社会経済研究所 庶務係
TEL: 06-6879-8552 FAX: 06-6879-8584
e-mail: shomu@iser.osaka-u.ac.jp