2014年8月20日(水)、大阪大学中之島センターにて恒例の行動経済学研究センターシンポジウムを開催いたします。

第11回目となる今回のテーマは『子を育てる −経済学の視点−』。
グループ学習の意外なメリットとは? 親はどう関わればよいか? 育てるべき能力とは?
未来を担う子供たちのために、経済学の最前線から「子育て」を考えます。

多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
【開催概要】
大阪大学社会経済研究所・第11回行動経済学研究センターシンポジウム
 『子を育てる −経済学の視点−』
日時: 2014年8月20日(水)18:00-20:00

場所: 大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール

主催: 大阪大学社会経済研究所
共催: 行動経済学会
後援: 一般財団法人 アジア太平洋研究所(APIR)

講演:
『隠れた教育カリキュラムと経済的価値観』
      大竹 文雄 大阪大学社会経済研究所教授、大阪大学理事・副学長
    『親の関わりと子どもの時間配分』
      小川 一夫 大阪大学社会経済研究所教授、同所長
    『セルフコントロール力から考える』
      池田 新介 大阪大学社会経済研究所教授、同附属行動経済学研究センター長
講演後、ディスカッション・質疑応答を行います。

参加費: 無料・先着196名
多数のお申し込みありがとうございました。

 池田 新介   小川 一夫   大竹 文雄

【会場案内】
大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53
TEL: 06-6444-2100 FAX: 06-6444-2338
 

【お問い合わせ】
大阪大学社会経済研究所 附属行動経済学研究センター
TEL: 06-6879-8588 FAX: 06-6879-8583
e-mail: rcbe-symp@iser.osaka-u.ac.jp