敦賀 貴之

 

English Version

 

履歴書

 

学歴

1996年 早稲田大学政治経済学部卒

1998年 早稲田大学大学院経済学科(経済学修士, 副総代)

2002年 オハイオ州立大学経済学部M.A. in Economics

2005年 オハイオ州立大学経済学部Ph.D. in Economics

 

職歴

20036月―9月 国際通貨基金 インターン

20058月―20083月 日本銀行金融研究所 エコノミスト

20084月―20103月 関西大学経済学部 准教授

20104月―20163月 京都大学大学院経済学研究科 准教授

20164月―20173月 内閣府 経済社会総合研究所 主任研究官

20174月―20179月 京都大学大学院経済学研究科 准教授

201710月―現在 大阪大学社会経済研究所 教授

 

訪問研究員ほか

20134月 ニュージーランド準備銀行 短期客員研究員(4週間)

20088月 カナダ中央銀行 客員研究員(4週間)

20093月、20109月、20138月 ヴァンダービルト大学 短期客員研究員(1週間)

20164月―20173月 京都大学大学院経済学研究科 特任准教授

20174月―現在 内閣府 経済社会総合研究所 客員研究員

 

 

講義

経済英語A、動学的マクロ経済分析、公共政策論、マクロ経済政策分析、貨幣・価格とマクロ経済、マクロ経済学入門(京都大学)

 

研究

公刊論文(英語)

-          “Sticky Information: The Impact of Different Information Updating Assumptions,” (with B. Dupor) Journal of Money, Credit, and Banking, 37 (6), 2005, pp. 1143-1152.

-          “The Hump-shaped Behavior of Inflation and a Dynamic Externality,” European Economic Review, 51 (5), 2007, pp.1107-1125.

-          “The Law of One Price without the Border: the Role of Distance versus Sticky Prices,” (with M. J. Crucini and M. Shintani), Economic Journal, 120, 2010, pp 462-480.

-          “Accounting for Persistence and Volatility of Good-level Real Exchange Rates: the Role of Sticky Information,” (with M. J. Crucini and M. Shintani), Journal of International Economics, 81 (1), 2010, pp 48-60.

-          “Integrating Sticky Prices and Sticky Information,” (with B. Dupor and T. Kitamura) the Review of Economics and Statistics, 92 (3), 2010, pp.657-669.   

-          “Do Sticky Prices Increase the Real Exchange Rate Volatility at the sector level?” (with M. J. Crucini and M. Shintani), European Economic Review, 62, 2013, pp.58-72.

-          “Real Exchange Rate Dynamics in Sticky Wage Models,” (with M. J. Crucini and M. Shintani), Economics Letters, 123 (2), 2014, pp.160-163.

-          “Noisy Information, Distance and Law of One Price Dynamics across US Cities,” (with M. J. Crucini and M. Shintani), Journal of Monetary Economics, 74, 2015, pp. 52-66.

-          “The Safer, the Riskier: A Model of Financial Instability and Bank Leverage,” (with R. Kato), Economic Modelling, 52, 2016, pp.71-77.

-          “Prudential Capital Controls or Bailouts? The Impact of Different Collateral Constraint Assumptions,’’ (with M. Katagiri and R. Kato) Economic Theory, 63 (4), 2017, pp. 943-960.

公刊論文(日本語)

-          「設備投資関数の理論を用いた投機的バブルの検証」『早稲田経済学研究』 第48号 1999年 pp.147-165

-          「ニューケインジアン・フィリップス曲線に関する実証研究の動向について」(武藤一郎氏との共著)『金融研究』第27巻第2号、2008年、pp.65-100

-          「銀行理論と金融危機−マクロ経済学の視点から」(加藤涼氏との共著)『金融研究』31巻第4号、2012年、pp. 95-134

 

ワーキング・ペーパー

-          “Current Account Dynamics under Information Rigidity and Imperfect Capital Mobility,” (with A. Shibata and M. Shintani), November, 2017.

-          “Decomposing Local Fiscal Multipliers: Evidence from Japan,” (with T. Kameda and R. Nanba), July, 2017

-          “Effects of Commodity Price Shocks on Inflation: A Cross Country Analysis,” (with A. Sekine), July, 2017.

-          “Sticky-Wage Models and Knowledge Capital: A Note,” (with K. X. D. Huang, M. Katayama, and M. Shintani), Vanderbilt University Department of Economic Working Paper 17-00006, April, 2017.

-          “Money-financed Fiscal Stimulus: The Effects of an Anticipated Shock,” (with S. Wake), October, 2016

-          “Bank Overleverage and Macroeconomic Fragility,” (with R. Kato), Kyoto University Project Center Discussion Paper Series, E-12-002, February, 2013.

-          “Managing Financial Crises: Lean or Clean?” (with M. Katagiri and R. Kato), IMES Discussion Paper Series 2012-E-16, November, 2012.

-          “How Well Do the Sticky Price Models Explain the Disaggregated Price Responses to Aggregate Technology and Monetary Policy Shocks?” (with J. Nakajima and N. Sudo), September, 2010, IMES Discussion Paper Series 2010 E-22, Bank of Japan.

-          “Sources of Real Exchange Rate Fluctuations and Distorted Beliefs,” June, 2010

-          “Flattened Phillips Curve in Japan: The Role of Speed Limit Policies,” (with R. Kato), January , 2009

-          “A Comment on Sticky Prices and Sectoral Real Exchange Rates: The Impact of Different Price Setting Assumptions,”(with M. J. Crucini and M. Shintani) July, 2008

-          “Sticky Information Under Dynamic Models”, June, 2005

 

研究報告

学会報告:Western Economic Association International Conference (20181月予定)、マクロ・コンファレンス(200712月第9回、慶応大学、2017年第19回、東京大学)、若手経済学者のためのマクロ経済学コンファレンス(20171月、20113)Asian Meeting of the Econometric Society20168月、20138月、20118月)、Midwest Macro Meetings (201411月、20125月・11月、20085)The 22nd SJE International Symposium (20147)The 4th Emerging Markets Group Conference (20145)、日本金融学会(20119月、20139月)、Annual Meeting of Society of Economic Dynamics20136月)、Australasian Macroeconomic Workshop(20134)、日本経済学会(201210月、20115月・10月、20106月、20085月・9月、20056月)、European Meeting of the Econometric Society (20128)Financial and Macroeconomic Stability: Challenges Ahead (20126)Summer Workshop on Economic Theory (20118月×220098)、名古屋公共経済学・マクロ経済学コンファレンス 2010 (201012月)、神戸大学経済経営研究所研究集会『経済の数理解析』(201011月)、World Congress of Econometric Society20108月)、North American Summer Meeting of Econometric Society (20076)Royal Economic Society20094月、20074月)、冬季マクロ経済学研究会(20092月)、日本金融学会・関西部会(200811月)、Far Eastern Meetings of Econometric Society (20087月、20046)

 

セミナー招待報告等:東京大学(20167月、20153月、20115月、20096月、20072月、200611月)、内閣府・経済社会総合研究所(20166月、20096月)、神戸大学(20163月、20132月、201112月、20113月、201011月、20106月、20097月、200611月)、大阪大学(201511月、20091月)、一橋大学(20154月、20107月、20061)、京都大学(20152, 20095月)ニュージーランド連邦銀行(20134月)、ビクトリア大学ウェリントン(20134月)、岡山大学(20122月)、信州大学広瀬研究室主催金融研究会(201110月)、明治大学(201011月)、日本銀行金融研究所(20104月、20083月、20068月、20052月)、関西大学(20102月、20087月)、慶応大学(20095月)、ヴァンダービルト大学(20093月)、カナダ中央銀行(20088月)、クイーンズ大学(20088月)、東北大学(20086月)、早稲田大学(200712,200510月)、北海道大学(200711月)、小樽商科大学(200711月)、イングランド銀行(20074月)、金融政策研究会(200610月)、横浜国立大学(200511月)、高麗大学(20052月)、日本銀行調査統計局(20052月)、Tulane大学(20052月)、オハイオ州立大学(20049月、20045月、20034月)、名古屋市立大学(20049月)、国際通貨基金(20039月)

 

11/15/2017更新