社会が直面する様々な経済問題について
国際レベルの研究を行い
経済政策や制度設計に役立てます

実験経済学の分野に関する研究論文を共有しながら
相互に交流し参加するための
プラットフォームを提供します

社会が直面する様々な経済問題について
国際レベルの研究を行い
経済政策や制度設計に役立てます

社会が直面する様々な経済問題について
国際レベルの研究を行い
経済政策や制度設計に役立てます

お知らせ
経済実験アルバイト募集中
オンライン実験やラボ経済実験の阪大生の参加者を募集中です。
好きな時に参加できます。 ⇨謝金の詳細、登録方法などはこちら
2024.4.1
室岡健志教授が着任されました。

2024.4.1
北村周平准教授が着任されました。

2024.2.22
Seung Han Yoo教授(Korea University)が来所されました。(滞在期間: 2024.2/22-3/2)
2024.2.16
Séverine Toussaert教授(University of Oxford)が来所されました。(滞在期間: 2024.2/16-3/1)
2024.2.15
敦賀貴之教授の論文 "Should the fiscal authority avoid implementation lag?" (co-authored with Masataka Eguchi, Hidekazu Niwa)がOxford Bulletin of Economics and Statisticsに受理されました。
2024.2.15
松島法明教授が3月15日に公正取引委員会競争政策研究センター(CPRC)主催 第6回競争政策研究センター大阪シンポジウム 「生成AIと競争政策~イノベーションのために競争政策が果たす役割とは?~」 に登壇されます(オンライン・要参加登録
2024.2.15
Harry Pei教授(Northwestern University)が来所されました。(滞在期間: 2024.2/15-2/20)
2024.2.2
花木伸行教授の論文 "Two experiments on trading information goods in a network" (co-authored with Yutaka Kayaba, Jun Maekawa, Hitoshi Matsushima)がGames and Economic Behaviorに受理されました。
2024.2.1
花木伸行教授がクラブ関西にて「自分で決める?人に任せる?実験・行動経済学から見えてくる組織マネージメントへのヒント」について講演されました。
2024.1.29
堀井亮教授が2月26日に環境情報科学センター主催の環境サロンにて「第6次環境基本計画における『新たな成長』をどう捉えるか」という論題で講演します(オンライン・要参加登録
2024.1.26
Mark Tremblay教授(University of Nevada, Las Vegas)が来所されました。(滞在期間: 2024.1/26-2/2)
2024.1.24
辻山仁志教授(University of Surrey)が来所されました。(滞在期間: 2024.1/24-1/30)
2024.1.17
Carlos Gomez-Gonzalezさん(University of Zurich)が来所されました。(滞在期間: 2024.1/16-31)

→ 過去のニュースへ



Title Author
2024.2 Two experiments on trading information goods in a network (co-authored with Yutaka Kayaba, Jun Maekawa, Hitoshi Matsushima), Games and Economic Behavior, forthcoming. Nobuyuki Hanaki
2024.1 Bargaining in the Shadow of Uncertainty (with Marina Agranov and Chloe Tergiman), American Economic Journal: Microeconomics, forthcoming. Hülya Eraslan
2023.11 A Generalized Uzawa Growth Theorem (with Gregory Casey), Journal of Political Economy Macroeconomics, forthcoming. Ryo Horii
2023.11 Forecasting returns instead of prices exacerbates financial bubbles (with Cars Hommes Dávid Kopányi, Anita Kopányi-Peuker, Jan Tuinstra), Experimental Economics, forthcoming. Nobuyuki Hanaki
2023.10 Approximate Expected Utility Rationalization (with Federico Echenique and Kota Saito), Journal of the European Economic Association Taisuke Imai
2023.9 Negative tail events, emotions, & risk taking (with Brice Corgnet and Camille Cornand), Economic Journal Nobuyuki Hanaki
2023.7 Revealing priors from posteriors with an application to inflation forecasting in the UK (with Ikefuji, M. and Magnus, J.R.), Econometrics Journal Takashi Yamagata
2023.6 An Experiment on the Nash Program: Comparing Two Strategic Mechanisms Implementing the Shapley Value (with Michela Chessa, Aymeric Lardon and Takashi Yamada), Games and Economic Behavior Nobuyuki Hanaki
2023.5 Wealth Preference and Rational Bubbles (Jean-Baptiste Michau and Matthias Schlegl) European Economic Review Yoshiyasu Ono
2023.3 Incorporating Diagnostic Expectations into the New Keynesian Framework (with Jean-Paul L'Huillier and Sanjay R. Singh) the Review of Economic Studies Donghoon Yoo
2023.3 Multi-object Auction Design Beyond Quasi-linearity: Leading Examples (with Yu Zhou), Games and Economic Behavior. Shigehiro Serizawa

→ More Research Highlights

→ ディスカッションペーパー一覧へ