社会が直面する様々な経済問題について
国際レベルの研究を行い
経済政策や制度設計に役立てます

社会が直面する様々な経済問題について
国際レベルの研究を行い
経済政策や制度設計に役立てます

実験経済学の分野に関する研究論文を共有しながら
相互に交流し参加するための
プラットフォームを提供します

社会が直面する様々な経済問題について
国際レベルの研究を行い
経済政策や制度設計に役立てます

社会が直面する様々な経済問題について
国際レベルの研究を行い
経済政策や制度設計に役立てます

お知らせ
経済実験アルバイト募集中
オンライン実験やラボ経済実験の阪大生の参加者を募集中です。
好きな時に参加できます。 ⇨謝金の詳細、登録方法などはこちら
2024.6.20
敦賀貴之教授の記事 「金利上昇時代」の財政政策はどうあるべきか 「ゼロ金利政策期」と「その後」の区別が重要 が東洋経済オンラインに掲載されました。
2024.6.14
消費者白書(令和6年度版)に室岡健志教授のコラム『消費者を欺く行為に関する経済学的分析』が掲載されました。
2024.6.14
Jean-Robert Tyran教授(University of Vienna)が来所されました。(滞在期間: 2024.6/14-17)
2024.6.11
今井泰佑教授の論文 "Meta-analysis of Empirical Estimates of Loss Aversion" (co-authored with Alexander L. Brown, Ferdinand M. Vieider and Colin F. Camerer) が Journal of Economic Literatureに受理・掲載されました。
2024.6.3
Serguey Braguinsky教授(University of Maryland)が来所されました。(滞在期間: 2024.6/3-7/10)
2024.5.29
Mirka Zvedelikova助教の論文 "School ICT resources, teachers, and online education: Evidence from school closures in Japan during the COVID-19 pandemic" (co-authored with Hideo Akabayashi and Shimpei Taguchi) が Education Economicsに受理されました。
2024.5.24
花木伸之教授の論文 "Algorithmic trading, what if it is just an illusion? Evidence from experimental asset markets" (co-authored with Sandrine Jacob-Leal) が Journal of Behavioral and Experimental Economicsに受理されました。
2024.5.13

室岡健志教授に大阪大学 栄誉教授の称号が付与されました。

2024.5.13
松島法明教授と大学院生の盧秋雨さんの論文 "Personalized pricing when consumers can purchase multiple items"が Journal of Industrial Economicsに受理されました。

2024.5.9
書斎の窓 2024.05号に花木伸行教授の著書の紹介文『自分ならばどうするか?――実験を通じて経済学を学ぶ面白さ(有斐閣ストゥディア『実験から始める経済学の第一歩』)』が掲載されました。
2024.5.7
Hülya Eraslan教授(Rice University)が来所されました。(滞在期間: 2024.5/7-6/25)
2024.5.1
Tserenkhuu Tselmuun先生が着任されました。

2024.4.15
Benson Tsz Kin Leung教授(Hong Kong Baptist University)が来所されました。(滞在期間: 2024.4/15-4/26)

→ 過去のニュースへ



Title Author
2024.6 Meta-analysis of Empirical Estimates of Loss Aversion (with Alexander L. Brown, Ferdinand M. Vieider and Colin F. Camerer). Journal of Economic Literature. Taisuke Imai
2024.2 Two experiments on trading information goods in a network (co-authored with Yutaka Kayaba, Jun Maekawa, Hitoshi Matsushima), Games and Economic Behavior, forthcoming. Nobuyuki Hanaki
2024.1 Bargaining in the Shadow of Uncertainty (with Marina Agranov and Chloe Tergiman), American Economic Journal: Microeconomics, forthcoming. Hülya Eraslan
2023.11 A Generalized Uzawa Growth Theorem (with Gregory Casey), Journal of Political Economy Macroeconomics, forthcoming. Ryo Horii
2023.11 Forecasting returns instead of prices exacerbates financial bubbles (with Cars Hommes Dávid Kopányi, Anita Kopányi-Peuker, Jan Tuinstra), Experimental Economics, forthcoming. Nobuyuki Hanaki
2023.10 Approximate Expected Utility Rationalization (with Federico Echenique and Kota Saito), Journal of the European Economic Association Taisuke Imai
2023.9 Negative tail events, emotions, & risk taking (with Brice Corgnet and Camille Cornand), Economic Journal Nobuyuki Hanaki
2023.7 Revealing priors from posteriors with an application to inflation forecasting in the UK (with Ikefuji, M. and Magnus, J.R.), Econometrics Journal Takashi Yamagata
2023.6 An Experiment on the Nash Program: Comparing Two Strategic Mechanisms Implementing the Shapley Value (with Michela Chessa, Aymeric Lardon and Takashi Yamada), Games and Economic Behavior Nobuyuki Hanaki
2023.5 Wealth Preference and Rational Bubbles (Jean-Baptiste Michau and Matthias Schlegl) European Economic Review Yoshiyasu Ono
2023.3 Incorporating Diagnostic Expectations into the New Keynesian Framework (with Jean-Paul L'Huillier and Sanjay R. Singh) the Review of Economic Studies Donghoon Yoo
2023.3 Multi-object Auction Design Beyond Quasi-linearity: Leading Examples (with Yu Zhou), Games and Economic Behavior. Shigehiro Serizawa

→ More Research Highlights

→ ディスカッションペーパー一覧へ