行動経済学は心理学、社会学、脳科学などにまたがる学際的な研究分野であり、伝統的な経済学によっては説明が難しい不況、バブル、多重債務、環境問題、格差等の社会の諸問題の解明に役立つことが期待されます。本研究所では、それまでの行動経済学・実験経済学研究および21世紀COEプログラムにおける実績を踏まえて、日本で初めての行動経済学研究の拠点となる附属行動経済学研究センターを2004年4月に設置し、さらに2010年4月(2009年6月認定)からは、行動経済学研究の共同利用・共同研究拠点として、行動経済学を主たるテーマとした公募共同研究を開始するなど行動経済学のハブとしての役割を果たしています。

News

2019.12.9
花木伸行教授がHerbert DawidとJan Tuinstra両氏と共同編集した"Journal of Economic Dynamics and Control"の特別号 "Experimental and Behavioral Analyses in Macroeconomics and Finance"がオンラインで閲覧可能となりました。

花木教授の論文 "特別号のイントロダクション"(with Herbert DawidとJan Tuinstra)と"The effect of short selling and borrowing on market prices and traders’ behavior" (with Sébastien Duchêne, Eric Guerci and Charles N.Noussair)が含まれています。
2019.12.7
花木伸行教授の論文 "Cognitive ability and observed behavior in laboratory experiments: implications for macroeconomic theory"Japanese Economic Review に受理されました。
2019.12.2
DAO NGUYEN THANG 講師が着任されました。
2019.11.22
中国人民大学からキャンパスツアーの訪問がありました。

2019.11.19
週刊エコノミスト11月26日号に石田潤一郎教授の記事「学者が斬る 視点争点 -「テレビ」が生き残るには」が掲載されました
2019.11.10
読売新聞朝刊に堀井亮教授のコメント「時間選好率の差、貿易不均衡生む」が掲載されました。
2019.11.10
一般向講演「阪大Asahi中之島塾」(大阪大学中之島センター) にて堀井亮教授が「長期志向・短期志向の違いから見る貿易戦争」について講演しました。
2019.10.25
花木伸行教授の論文 "On the roots of the intrinsic value of decision rights: Experimental evidence" (with João V. Ferreira and Benoît Tarroux)がGames and Economic Behavior に受理されました。
2019.10.23
週刊東洋経済10月26日号に山形孝志特任教授の記事「経済学者が読み解く 現代社会のリアル - データは仮説と整合的? 仮説検定で検証する」が掲載されました。
2019.10.18
国立大学共同利用・共同研究拠点「知の拠点セミナー」が京都大学東京オフィスで開催され、堀井亮所長が講演しました。
2019.10.15
毎日新聞出版 週刊エコノミスト 10月22日号「学者が斬る・視点争点」に石田潤一郎教授の記事「女性活躍阻む幼保無償化」が掲載されました。

過去のニュース



Research Highlights

Title Author
2019.10 On the roots of the intrinsic value of decision rights: Experimental evidence (with João V. Ferreira and Benoît Tarroux), Games and Economic Behavior Nobuyuki Hanaki
2019.9 Mechanism design without quasilinearity (with Tomoya Kazumura and Debasis Mishra), Theoretical Economics, forthcoming. Shigehiro Serizawa
2019.7 Pre-negotiation commitment and internalization in public good provision through bilateral negotiations (with Ryusuke Shinohara), Journal of Public Economics Noriaki Matsushima
2019.5 Expected utility and catastrophic risk in a stochastic economy–climate model (with Roger J.A.Laeven, Jan R.Magnus, Chris Muris), Journal of Econometrics, forthcoming. Masako Ikefuji
2019.5 Competitive Personalized Pricing (with Zhijun Chen and Chongwoo Choe) Management Science, forthcoming. Noriaki Matsushima
2019.1 The Impact of Monitoring in Infinitely Repeated Games: Perfect, Public, and Private (with V. Bhaskar, and Guillaume R. Frechette), American Economic Journal: Microeconomics Masaki Aoyagi
2018.10 Bertrand Competition under Network Externalities, Journal of Economic Theory Masaki Aoyagi
2018.9 Place-Based Policies, Creation and Agglomeration Economies: Evidence from China's Economic Zone Program (with Yi Lu and Jin Wang), American Economic Journal: Economic Policy, forthcoming. Lianming Zhu
2018.8 Higher order risk attitudes and prevention under different timings of loss (with E. Lee), Experimental Economics Takehito Masuda

More Research Highlights



Discussion Papers

ディスカッションペーパー一覧