行動経済学は心理学、社会学、脳科学などにまたがる学際的な研究分野であり、伝統的な経済学によっては説明が難しい不況、バブル、多重債務、環境問題、格差等の社会の諸問題の解明に役立つことが期待されます。本研究所では、それまでの行動経済学・実験経済学研究および21世紀COEプログラムにおける実績を踏まえて、日本で初めての行動経済学研究の拠点となる附属行動経済学研究センターを2004年4月に設置し、さらに2010年4月(2009年6月認定)からは、行動経済学研究の共同利用・共同研究拠点として、行動経済学を主たるテーマとした公募共同研究を開始するなど行動経済学のハブとしての役割を果たしています。

News

[お知らせ]
「行動経済学」共同利用・共同研究を募集中です。
2020.1.22
2020 Lawrence R. Klein Lecture 大阪大学銀杏会館で開催しました。
講演者:Nicholas Bloom教授 (Stanford University)
タイトル:Investment and Subjective Uncertainty
2020.1.14
花木伸行教授の論文"Preferences for observable information in a strategic setting: An experiment" (with Adam Zylbersztejn and Zakaria Babutsidze) Journal of Economic Behavior and Organization がオンラインで閲覧可能になりました。
2020.1.10
生藤昌子特任准教授の論文"Adaptation for mitigation" (with H. Sakamoto and J.R. Magnus) Environmental Resource Economics がオンラインで閲覧可能となりました。
2020.1.6
MISHRA, Debasis 教授 (Indian Statistical Institute) が来所されました。 (滞在期間 2020.1.6~2020.1.17)
2019.12.23
週刊エコノミスト12月31日・1月7日合併号に石田潤一郎教授の記事「学者が斬る 視点争点 新卒依存の採用から脱却を」が掲載されました。
2019.12.13
渡辺誠准教授(アムステルダム自由大学)が来所されました。(滞在期間:2019年12月13日~2020年3月16日)
2019.12.11
第22回懸賞論文 森口賞の受賞者が決定いたしました。
岸下大樹氏が受賞しました。
2019.12.9
花木伸行教授がHerbert DawidとJan Tuinstra両氏と共同編集した"Journal of Economic Dynamics and Control"の特別号 "Experimental and Behavioral Analyses in Macroeconomics and Finance"がオンラインで閲覧可能となりました。

花木教授の論文 "特別号のイントロダクション"(with Herbert DawidとJan Tuinstra)と"The effect of short selling and borrowing on market prices and traders’ behavior" (with Sébastien Duchêne, Eric Guerci and Charles N.Noussair)が含まれています。
2019.12.7
花木伸行教授の論文 "Cognitive ability and observed behavior in laboratory experiments: implications for macroeconomic theory"Japanese Economic Review に受理されました。
2019.12.2
DAO NGUYEN THANG 講師が着任されました。

過去のニュース



Research Highlights

Title Author
2020.1 Expected utility and catastrophic risk in a stochastic economy–climate model (with Laeven R.J.A.; Magnus J.R.; Muris C.), Journal of Econometrics, No. 214, pp.110-129 Masako Ikefuji
2019.10 On the roots of the intrinsic value of decision rights: Experimental evidence (with João V. Ferreira and Benoît Tarroux), Games and Economic Behavior Nobuyuki Hanaki
2019.9 Mechanism design without quasilinearity (with Tomoya Kazumura and Debasis Mishra), Theoretical Economics, forthcoming. Shigehiro Serizawa
2019.7 Pre-negotiation commitment and internalization in public good provision through bilateral negotiations (with Ryusuke Shinohara), Journal of Public Economics Noriaki Matsushima
2019.5 Competitive Personalized Pricing (with Zhijun Chen and Chongwoo Choe) Management Science, forthcoming. Noriaki Matsushima
2019.1 The Impact of Monitoring in Infinitely Repeated Games: Perfect, Public, and Private (with V. Bhaskar, and Guillaume R. Frechette), American Economic Journal: Microeconomics Masaki Aoyagi

More Research Highlights



Discussion Papers

ディスカッションペーパー一覧

Upcoming Seminar


seminar

2020.2.4

磯貝 茂樹 (Lunch Time Seminar)
(西南財経大学)

2020.2.6

Sangyup (Sam) Choi
(Yonsei University)

セミナー予定表
ランチタイムセミナー予定表

イベント


symposium

2020.2.11-12

第14回若手経済学者のためのマクロ経済学コンファレンス

イベント一覧・詳細