行動経済学は心理学、社会学、脳科学などにまたがる学際的な研究分野であり、伝統的な経済学によっては説明が難しい不況、バブル、多重債務、環境問題、格差等の社会の諸問題の解明に役立つことが期待されます。本研究所では、それまでの行動経済学・実験経済学研究および21世紀COEプログラムにおける実績を踏まえて、日本で初めての行動経済学研究の拠点となる附属行動経済学研究センターを2004年4月に設置し、さらに2010年4月(2009年6月認定)からは、行動経済学研究の共同利用・共同研究拠点として、行動経済学を主たるテーマとした公募共同研究を開始するなど行動経済学のハブとしての役割を果たしています。

News

2020.7.6
ISER Macro/Int'l Econ online workshopが7月9日から始まります。
2020.7.6
山形孝志特任教授(ヨーク大学/クロスアポイントメント)が来所されました。(滞在期間:2020年7月6日~8月7日)
2020.7.2
東アジア実験・行動経済学オンラインセミナー(Virtual East Asia Experimental and Behavioral Economics Seminar Series)が7月6日から始まります。
2020.6.26
Hulya Eraslan特任教授 (クロスアポイントメント)の論文"Learning While Setting Precedent" (with Ying Chen)がThe RAND Journal of Economicsに受理されました。
2020.6.16
Klarizze Anne Puzon 講師の論文 "Can common ownership prevent the tragedy of the commons? An experimental investigation" (with Marc Willinger ) Review of Behavioral Economics に受理されました。
2020.6.12
Nguyen Thang Dao講師の論文 "The Education Gender Gap and the Demographic Transition in Developing Countries" (with Julio Dávila and Angela Greulich) Journal of Population Economics に受理されました。

2020.5.30
日本経済新聞5月30日朝刊「経済論壇から-公的債務の膨張に警告-」に堀井亮教授の意見が取り上げられました。
2020.5.22
石田潤一郎教授の論文 "A War of Attrition with Experimenting Players" (with Chia-Hui Chen)が  Journal of Industrial Economicsに受理されました。

2020.5.17
毎日新聞出版 週刊エコノミスト 5月26日号28-29ページに堀井亮教授の記事「パンデミックと経済 ペスト、HIVでも示された人命と成長のトレードオフ」が掲載されました。
2020.4.29
朝日新聞朝刊「私の視点-新型コロナ」に小野善康特任教授のコラム「政府の経済対策 所得減の事業に集中補償を」が掲載されました。
2020.4.29
小野善康特任教授の論文 "A simple aggregate demand analysis with dynamic optimization in a small open economy"(with K. Hashimoto)が Economic Modellingに受理されました。

過去のニュース



Research Highlights

Title Author
2020.6 Learning While Setting Precedent (with Ying Chen), The RAND Journal of Economics, forthcoming. Hulya Eraslan
2020.6 The Education Gender Gap and the Demographic Transition in Developing Countries (with Julio Dávila and Angela Greulich), Journal of Population Economics, forthcoming. Nguyen Thang Dao
2020.5 A War of Attrition with Experimenting Players (with Chia-Hui Chen), Journal of Industrial Economics, forthcoming. Junichiro Ishida
2020.5 Mechanism design without quasilinearity (with Tomoya Kazumura and Debasis Mishra), Theoretical Economics, Vol. 15, Issue 2, pp. 511–544 Shigehiro Serizawa
2020.4 Strategy-proof multi-object mechanism design: Ex-post revenue maximization with non-quasilinear preferences(with Tomoya Kazumura and Debasis Mishra), Journal of Economic Theory, forthcoming. Shigehiro Serizawa
2020.2 Instrumental Variable Estimation of Dynamic Linear Panel Data Models with Defactored Regressors and a Multifactor Error Structure,Journal of Econometrics, forthcoming. Takashi Yamagata
2020.1 Expected utility and catastrophic risk in a stochastic economy–climate model (with Laeven R.J.A.; Magnus J.R.; Muris C.), Journal of Econometrics, No. 214, pp.110-129 Masako Ikefuji

More Research Highlights



Discussion Papers

ディスカッションペーパー一覧